健康なお肌でいるためには?

老化を防ぐ?お肌の救世主、抗酸化成分とは

私たちが生きる上で呼吸は必要不可欠ですが、呼吸によって取り込む酸素が、
体の中で活性酸素という悪い物質に変化してしまうことをご存知でしょうか?
活性酸素は紫外線やストレス、タバコや不規則な食生活を好物とし、私たちの
体の中でどんどん増え続けます。

そしてその活性酸素が私たちの体を老化させていくのです。

活性酸素を食い止めるにために、何か有効な手立てはあるのでしょうか。
私たちには元々、活性酸素を抑え老化を防ぐ抗酸化物質(SOD)が備わって
いますが、年齢を重ねるにつれてそれは減少してしまいます。
活性酸素が増えるとお肌はもちろん、身体は老化しやすくなります。

まずは、この憎き活性酸素を増やさない為に、日々の生活の中でできることから
始めましょう。

・紫外線対策をしっかり行う
・ストレスを貯めない
・喫煙を控える
・食生活を正す

そうすることで、老化を食い止める第一歩となるでしょう。

次に、減少していく抗酸化物質を積極的に取り入れるための方法を紹介します。
抗酸化物質は食べ物やスキンケアから摂取できます。
たとえば美肌成分の代表格であるビタミンCは抗酸化成分はもちろん、コラーゲン
増加や美白効果も期待できるお肌にとって、とっても有能な成分です。

レモンやアセロラなどの果物を食べたりサプリメントを飲んだり日頃から意識して取り入れてみるといいでしょう。

しかしそんなビタミンCですが、実は壊れやすいという弱点を持っているんです。 もっと強く、もっと浸透力を上げることはできないかと、ビタミンCの分子を
研究した結果、誕生したのがビタミンC誘導体という成分です。
ビタミンCには紫外線から肌を守ってくれる作用もありますので、ビタミンC誘導体入りの化粧水や美容液を使って外側からのケアしていくことも大切です。

他にも、カテキンやポリフェノールなどの植物フラボノイドに含まれる
植物性ビタミンのOPCという強い抗酸化を持つ物質があります。
少量でも効果が期待できるのでアンチエイジングにぴったりなビタミンです。

また、植物の中に含まれるカイネチンという成分にも抗酸化作用があることが
わかってきました。
植物の老化を防ぐカイネチンは、人の肌においてもシワを抑制するなどの
効果があるとされています。

こうした対策をとることで、アンチエイジングの味方となる抗酸化成分を
より多く摂取できるようになります。
いつまでも若々しいお肌でいるためにも、こうした事を心掛けてください。