しわに有効な対策とは?

しわができる原因と有効なしわ対策

年齢を重ね、お肌の一番の悩みと言えばしわだと思います。
しかし同じ年の方でもしわが目立つ人、ハリがあってしわの少ない人もいます。
しわの原因は加齢だけではないのでしょうか?

まず、肌の真皮層にあるコラーゲンや弾力繊維(エラスチン)、ヒアルロン酸などの繊維が減少し弾力を失うことでしわはできます。
ではコラーゲンやエラスチンはなぜ減少するのでしょうか?
大きく分けて要因は2つあります。

1つめの原因は紫外線です。
紫外線を浴びると、コラーゲンは小さく切断され、エラスチンを変性させる酵素が分泌され、 皮膚は弾力を失います。そして傷付いた繊維が残されしわができます。 子供は繊維を新しく作り出す能力があるためしわになりません。
残念なことに年を重ねるとその能力はだんだんと衰えてくるのです。

2つめの原因は乾燥です。
20歳を過ぎると潤いを保つ天然の保湿成分が年齢と共に減少し、乾燥がちに
なります。 乾燥すると角質層の表面がはがれやすくなり隙間ができます。
その隙間から表皮の水分が蒸発し皮膚が硬くなり小じわができます 。

その他の原因には、活性酸素の発生、女性ホルモンの減少、
ヒアルロン酸の減少等で引き起こされる弾力低下によるものがあります。

これらが原因となって肌の弾力が低下し、結果としてしわができやすくなります。

では、しわを作らないためにどんなしわ対策が必要でしょうか?
しわを作らない為には、まず予防をすることが大切です。
紫外線にはUVA、UVBがカットできる日焼け止め でしっかりガード。
乾燥には保湿効果の高いスキンケアで角質層に 潤いを与えましょう。

できてしまったしわには、コラーゲン入りなどの肌弾力の再生を促す
スキンケア商品の使用が有効です。
深いしわには、皮膚科などの医療機関でボトックス注射やヒアルロン酸の
注入や形成外科による治療があります。