潤い肌になるためには?

潤いたっぷり、乾燥知らずの肌になろう

空気が乾燥してくるとお肌のかさつきが気になりますね。
若かった頃のあの瑞々しいお肌はどこへ行ってしまったのでしょう。
年と共に過ぎ去った潤いはもう取り戻すことはできないのでしょうか?

「潤う」ための重要なカギはわずか0.02ミリの厚さの角質層が握っています。

角質層は天然保湿因子(NMF)・細胞間脂質・皮脂といった3つの潤い成分を
持っています。
若いうちはそれらが天然クリームのような役目を果たしてくれて、
肌の内側にある水分が外側に逃げ出すことを防いでくれるのと同時に、
バリア機能を兼ね備えてくれています。

しかし年齢を重ねるにつれ、また紫外線を浴びたり空気の乾いた状態が続く
ことによって、よりいっそう肌が持つ皮脂や水分自体が少なくなります。
そうなると内側にあった潤い成分を保つことができなくなり、外へ逃げやすく
なってしまうんです。

そして水分が蒸発してしまった角質層は、カサカサしてめくれあがってきます。
そのめくれあがったすきまから、水分はさらに逃げていき、乾燥は進行して
いきます。
肌を外的から守る機能が弱まった角質層は、紫外線やアレルゲンなどの
刺激を受けやすくなり症状はどんどん悪化していくのです。

そうなると、肌はごわつき始め見た目年齢は実年齢よりもずっと老けて
見られがちになってしまうかもしれません。
そうなる前に、乾燥の悪循環をストップさせ、潤いのある若々しい肌を
取り戻しましょう。

潤うために大事なのは肌に充分に水分を与え、油分でしっかりふたをすること
です。
若い頃とちがい、天然保湿成分や天然クリームがなかなか作り出すことが
できないのなら保湿力のあるスキンケアを使ってしっかり補えばいいのです。

スキンケアの際に注意すべき点は、洗顔後すぐに化粧水をつけることです。
なぜなら肌は洗顔によって潤い成分が失われたとってもデリケートな状態に
あるからです。
水分を欲しがった肌に、ヒアルロン酸やアミノ酸、セラミドといった成分を
配合した化粧水を使用すれば効果はより期待できます。

最後は乳液やクリームを塗って、お肌に閉じ込めた成分を逃がさないように
ちゃんとふたをしてください。化粧水と同じラインのものを使ったり、
保湿成分だけでなくハリや美白に効く有効成分が入ったものを使うとお肌は
喜ぶかもしれません。

このようなケアを徹底して行えば乾燥知らずの潤った肌へ導いてくれるでしょう。